エルマール?     ツアーシステム      ツアー料金表      ツアー案内        つぶやきログ

 イベント          インフォメーション     ライセンスコース      リンク          HOME 



メディカルチェック励行のお願い

今日では、年齢を問わず多くの方がスクーバダイビングで素晴らしい海中世界を楽しむことができるようになりました。しかしながら残念なことなのですが、ダイバー人口の増加に伴い、ダイビングの事故が増えてきていることも事実です。

無謀なダイビング計画、技術不足、経験不足、などなどダイビングの事故には色々な原因が考えられます。しかし、それら以外の原因でも事故は起こっています。その中のひとつに、ダイビング参加者の身体的な問題がダイビング中に発生し、その結果トラブルが起こり事故に繋がる、というケースが多くなってきております。

脳における疾患、循環器における疾患、呼吸器(気管支、肺など)における疾患などが、近年では生活習慣病などにより若年層にも広がりをみせております。ダイビングをするにあたり、ぜひとも皆さんには、このメディカルチェックでご自分の体調、健康状態をチェックしていただき、もし医師の受診、相談が必要と思われるときには医師に相談し、『ダイビングに支障がないかどうか?』『ダイビングを行うにあたり気を付ける事がないかどうか?』を確認した上でダイビングを行うことをお勧めいたします。

なんとなくすべてをインストラクター任せになっている方が多いとは思いますが、ダイビングを行うにあたり、すべての行為は自己責任において行われるものです。特に、本人の体調不良により起こったトラブルについてはインストラクターや医師が責任を負えるものではありません。我々インストラクター側の義務や責任を放棄・転嫁するわけではありませんが、自己の体調についての意識を高めていくことは決してマイナスにはならないのではないでしょうか。

また、このメディカルチェックを行うことにより、ダイビング中に身体的な問題が起こらなくなる訳ではありません。あくまでもガイドラインとしてご活用ください。

エルマールにお越しいただくゲストの皆さまが、生涯スポーツや生涯にわたる趣味として、いつまでもスクーバダイビングで海中世界を満喫し、安全で楽しいダイビングライフを送っていただくために、下記のメディカルチェックがお役に立つことを願います。自己管理のできる、自立したダイバーを目指しましょう!

ダイブステーションエルマール
 
ダイバーのためのメディカルチェック

このメディカルチェックはダイビングを行うにあたり、現在の健康状態を把握するためのものです。以下の質問に対して「はい」または「いいえ」のどちらかを選んでください。もし確信が持てない、またはわからない場合には「はい」を選択してください。「はい」という回答は、安全に影響する病気があるかもしれないということです。

●偏頭痛(脈を打つような頭痛)をよく起こしますか? または、そのための予防薬を飲む事が有りますか?  
  ※月二回以上偏頭痛を起こす方は「医師に相談する必要があります」
  ※痛み止めを内服しながらダイビングを行うときは「医師に相談する必要があります」


●神経の障害(半身が動かなくなった、半身がしびれた、言葉がしゃべりにくくなった、突然目の前が真っ暗に
  なった)を起こした事が有りますか?
 
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●最近5年間に、頭をぶつけて意識を失った事が有りますか?
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●てんかん発作やけいれんを起こした事がありますか? またそれらの発作の予防薬を飲んだ事は
  有りますか?

  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●乗り物酔い(船酔い、波酔い、車酔いなど)をしやすいですか?
  ※短時間で、または極端に乗り物酔いをしやすい方は「医師に相談する必要があります」


●中程度の運動(12分以内に1.6キロを走る)ができませんか? 
  ※中程度の運動とは、健康な大人の歩行速度は10分で約800m程度ですので、駆け足程度の早さとなりま
    す。この項目で「はい」の方は「医師に相談した方が良いでしょう」


●高血圧と言われた事がありますか? または血圧を下げる薬を飲んでいますか? 
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」

●狭心症や心筋梗塞を起こした事がありますか? または心臓や血管の手術を受けた事が有りますか?
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●不正脈、胸痛、労作時の息切れなど、発作的に起こる症状や病気がありますか? 
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●その他、心臓の病気が何かありますか? 
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●気管支喘息と言われた事が有りますか? または息が「ゼーゼー」「ヒューヒュー」いう事がありますか?
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●気胸(肺に穴が有く病気)を起こした事が有りますか?
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●その他、肺の病気をした事がありますか? 
  ※過去に患った肺炎または気管支炎で、現在はその症状や後遺症が全くなければ、医師の受診の必要は
    ありません。肺炎、気管支炎以外の肺の病気をした方は「医師に相談する必要があります」
  ※日頃から、痰や咳が出やすい方は、肺の病気にかかっている可能性があります。「医師に相談する必要
    があります」


●胸の病気(肺の病気以外)や胸の手術を受けた事が有りますか? 
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●脱水、または下痢、嘔吐、吐き気をよく起こしますか? 
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●胃や腸に潰瘍が出来た事がありますか? または潰瘍の手術を受けた事が有りますか? 
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●腸の手術(人口門造設を含む)をしたことがありますか?
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●首、背中、腰または四肢に痛みが有りますか?
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談した方が良いでしょう」


●首、背中、腰、または四肢に異常があり、治療を受けた事が有りますか?
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談した方が良いでしょう」


●骨折、捻挫、脱臼の経験が有り、現在もその後遺症が残っていますか? 
  ※この項目に「はい」の方は「医師に相談した方が良いでしょう」


●血管の病気(貧血、出血し易い、血液が固まり易いなど)や、血管の病気(血管が詰まる、または血流が
  悪くなるなど)がありますか? またはそれらについて手術を受けた事は有りますか?
    
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●内分泌の病気(糖尿病または血糖値が高い、甲状腺の病気)を指摘された事が有りますか?
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●精神病、不安障害(パニック発作、閉所恐怖症、広場恐怖症、神経症など)、行動障害(情緒的に不安定、
  注意がそれやすい、集団行動が出来ないなど)と言われた事が有りますか?
 
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)の症状を起こした事が有りますか? 
  ※アレルギー性鼻炎の症状がひどい場合は「医師に相談する必要があります」


●副鼻腔炎(蓄膿症を含む)、気管支炎(急性、慢性、アレルギー性)、または風邪をひき易いなどが有ります
  か? 

  ※現在副鼻腔炎を思わせる症状(透明でない鼻水、鼻づまり、鼻声、頭重感など)がある方は「医師に
    相談する必要があります」
  ※現在気管支炎を思わせる症状(咳、痰など)がある場合は「医師に相談する必要があります」
  ※風邪をひきやすいと思っている方の中には、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、気管支喘息など呼吸器系
    の病気を持っている場合があります。「医師に相談する必要があります」


●副鼻腔の手術を受けた事が有りますか? 
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●耳の病気(外耳炎、中耳炎、乳様突起炎、内耳の病気など)、聴覚の異常(難聴、耳鳴りなど)、平衡感覚
  の異常(めまいなど)を経験した事が有りますか?
 
  ※外耳炎/現在外耳炎の場合のダイビングは勧められません。過去に外耳炎で現在治っているのであれ
    ばダイビングに差し支えありません。
  ※中耳炎、乳様突起炎/現在中耳炎の場合のダイビングは勧められません。子供の頃反復して中耳炎に
    なった方は、鼓膜が薄くなっている可能性があり、耳抜きの際に痛みを感じること無く、鼓膜が破れるこ
    とがあります。子供の頃に反復して中耳炎になった方は「医師に相談する必要があります」
  ※内耳の病気、難聴、耳鳴り、平衡感覚の異常(めまい)がある方は「医師に相談する必要があります」


●その他、何か耳に関する異常(例えば気圧の変化による耳の痛みなど)を経験した事が有りますか?
  ※この項目で「はい」の方は耳抜きが上手く出来ない可能性があります。「医師に相談した方が良いでしょ
    う」


●へルニア(椎間板ヘルニア、ソケイヘルニア、食道裂孔ヘルニアなど)がありますか? または何かの手術を
  受けた事が有りますか?

  ※椎間板ヘルニア/日頃から、痛みやしびれ等の症状がある方は「医師に相談する必要があります」
    症状が無くなった方は医師を受診する必要は無いでしょう。
  ※ソケイヘルニア/この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」
  ※食道裂孔ヘルニア/ダイビングをやめておきましょう。
  ※上記以外のヘルニアの方は「医師に相談する必要があります」
  ※ヘルニアの手術を受けた事がある/「医師に相談する必要があります」


●潜水障害(耳、副鼻腔、肺の気圧変化による外傷、および減圧症や動脈ガス塞栓症など)、または潜水事故
  を起こした事が有りますか?
 
  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●最近5年間に、薬を長期間服用した事が有りますか? または薬物依存、アルコール依存、麻薬の使用など
  がありますか?

  ※この項目で「はい」の方は「医師に相談する必要があります」


●現在服用中の薬が有りますか(風邪や抗アレルギーの市販薬も含む)? 
  ※現在薬を使用している方は、原則としてダイビングを勧められません。もしダイビング前後に服用するの
    であれば、医師から充分な説明を受ける必要があります。この項目で「はい」の方は「医師に相談する
    必要があります」


●過去3ヶ月以内に何らかの医療を受けた事が有りますか? 
  ※医療の内容によってはダイビングに影響するかもしれませんが、風邪や気管支炎など、一時的な病気で
    完治していれば医師の受診の必要はありません。通院中または通院の必要がある方は病気がダイビン
    グに影響しないか、逆にダイビングが病気を悪化させないかを知るために「医師に相談する必要がありま
    す」


●BMI(Body Mass Index)が25以上ですか?
 
   BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))
    例 体重60kg 身長170cmの場合 60÷(1.7×1.7)=BMIは20.761
  ※この項目に「はい」とチェックしても、医師を受診する必要はありませんが、健康管理に十分配慮をする
    事が必要です。


●医師に精密検査を勧められ、まだ検査を受けていない項目が有る?

  ※この項目に「はい」とチェックした方は「医師を受診した方が良いでしょう」


妊娠している可能性はありますか? 
  ※ダイビングはお腹の子供へ影響する可能性がありますので、妊娠の可能性がある方は、妊娠していない
    事がはっきりとしてからにしましょう。また、妊娠中の方は、出産が終わり身体が十分に回復してからとし
    ダイビングを再開する時期については、医師に相談しましょう。


●月経前または月経中、特に体調が悪くなりやすいですか?

  ※この項目に「はい」とチェックした方で、鎮痛剤等を服用する場合は「医師に相談した方が良いでしょう」


●ダイビングを行うにあたり、身体の事で何か心配な事がありますか?
  
心配な内容な部位、症状よってはダイビングに支障をきたす可能性があります。この項目に「はい」と
    チェックした方は「医師に相談した方が良いでしょう」


                 ***文中の言葉の使い方について***

「医師に相談する必要があります」・・・医学的観点から見た場合、医師の受診を受けるべきと考えられるもの
                       です。 

「医師に相談した方が良いでしょう」・・・医師の受診は必ずしも必要ないが、受診した方が良いと考えられる
                        ものです。
  

 
(財)日本海洋レジャー安全・振興協会(DAN JAPAN)より

 

 

 

Copyright 2005 Pendant Co.ltd All Rights Reserved